出勤途中で交通事故を目撃

今日、出勤途中で交通事故を目撃しました。
目撃というよりもいつもの時間に出ていたら、私が巻き込まれた可能性もあります。
長い直進の先に壁にぶつかっている軽トラックと、バックして車を端っこに停めている女性が見えました。
車から降りた女性が電話をかけていたのが見えてすぐに、軽トラックの運転席が開いていてすぐ真下に男性が寝転がっていたんですよ。
私はそのまま通過してしまいました。
通報中だし何も出来そうになかったんですけどいいですよね?
私が出勤して10分以上あとに来た、先輩薬剤師Oさんも遭遇したそうです。
車は3台あったって言ってましたけど介護している人もいたんだろうかと思ったら、見過ごしてしまったので少々罪悪感があります。

時がたつのは早い

実家住まいの独身としては、親からの同級生結婚生活情報は知りたくもありません。
そもそも、友達じゃないし。
小学校中学年くらいまでは放課後に遊んだこともあるという程度で、小学校を卒業してから中学まで一緒ですけど話しすらしていない人達ですよ。
中学校の記憶なんてもちろんすでに薄れている状態で顔だって思い出せません。
ずっと嫁にいかずにうちの娘はどうするんだろうかと思っていたけどやっと結婚したんですよ。
今は子供がいてね・・・
なんて、まだ実家にいる私としてはいたたまれない会話ですよ。
私の親があちらの親達に会ったということは私の近況だって絶対に口にしているはずです。
それが学校が同じだったというだけの人に情報がいくなんてきついです。

行きたいと思わない観光地

中国で橋が陥没して重篤な患者が出たというニュース。
ちょっと前で中国で世界最大の高さの橋が出来たというニュースを聞いたばかりだったのでその橋かと思ったら違いました。
そんな猛烈な高さから橋が陥没したら確実に何人もの人が亡くなってしまうでしょうしね。
世界最大だろうとなんだとうとそんな橋には近づきたくもないですね。
だってあの国の建物ですよ。
観光に行きたくなる人の気持ちがわかりませんよ。
日本の建物だって危険な所はあるでしょう。
だから日本のものでも行きたいとは思いません。
でもまだあの国よりも日本の方が信用できますね。
高所恐怖症はないはずですけど、好きではないのでやっぱりそんな橋は嫌ですよ。
危険な建物はもちろん橋もなくなればいいのに。

『小説家の姉と』

小路幸也さんの『小説家の姉と』を読みました。
大学生の主人公は5歳年上で現在小説家になった姉と一緒に暮らしています。
1人暮らしをはじめてから呼び寄せられたのには、何か理由があるような・・・。
そんなミステリー要素があると思って読んだのに大した理由ではありませんでした。
もっとドロドロの人間関係に疲れてしまった姉が弟と暮らしたくなったのかと思っていましたよ。
まあ、姉の選択は頭がいいなってことは分かりました。
あとは小路さんらしい日常の物語ですね。
登場人物が少ないのも特徴かもしれません。
思わせぶりなキャラクターもはじめのうちからいたのに、物語の大筋には絡みませんでした。
でもそこが思わせぶりなストーリ-に色をつけたとも言います。

不正する人数が多すぎ

イタリアの役所職員の半数が働いていないのに働いたようにみせかける不正が発覚したそうです。
出勤のタイムレコーダーに監視カメラをつけると、出勤していない人の分まで通している姿がバッチリうつっています。
ある人はカメラに気が付いて取り外そうとしたけど出来ずに、紙みたいなのをかぶってタイムレコーダーに向き合う男性が映っていましたよ。
洋服を替えたわけでもないのにさっきの人だってバレバレですよ。
職員の半分が不正をしていたのはグループで協力をしあっていたからのようですね。
仕事をしなくて業務は滞らないのか不思議でしたが、やっぱり人手不足になっていたんですって。
しかも業務が停止しているなんて信じられませんね。
不正する人数が多すぎなのにも驚きです。

超音波テクノロジー

蚊への対策に空気清浄機を売り出した日本の企業がありましたね。
さすが日本!と思いましたよ。
アジアなど蚊で死亡する人が多い地域にはさぞかし助かるものでしょうしね。
私も蚊は大嫌いなのでいいなぁと思いましたがちょっと高いですね。
今度はテレビで蚊除けというのがあると知って、もっと驚きました。
インドの家電業界で人気なのが超音波テクノロジーを屈指したテレビです。
テレビ??ん?てなりますよね。
空気清浄機を蚊を取り込むだけでなくて空気を正常化するという通常の機能もありますからね。
テレビってなんだそりゃ?と思ったら、テレビの回りには人が集まるからだそうで、たしかにそれは必要だなって思いましたね。
家にほぼ必ずあるテレビにつけるというのは合理的ですね。

ハーミットドルフィン

ハーミットドルフィン
一般社会を自ら離れて隠遁生活を送る人 ハーミット
イルカの中にははぐれるのではなくて自らの石で群れを離れるものもいる
今回鳥取の海水浴場で見つかったイルカがそうかは分からないけど、こういうふうに呼ばれるんですね。
孤独を好む?わりには人が大好きで自分から寄ってくる。
バンドウイルカで推定2歳みたいですが、何故か傷だらけなんですよ。
なんだか痛々しいイルカさんです。
海外のとある国ではハーミットドルフィンを守る法律をつくり30年くらい共存しているところがあるそうです。
イルカを傷つけない方法で共存していくって素敵ですね。
一緒に泳ぎたいと思う人は多いでしょうけれど守っていくことの方が大切だと思います。

有毒魚の販売

有毒魚のバラハタが販売されてしまったそうです。
しかも、購入者がわからないというのは困りますね。
高級魚のスジアラがソックリだったからだそうです。
東京にはほとんど入ってこない高級魚で私ははじめて見ました。
お刺身はもちろん、だしがよくでる、沖縄などで食べられる。
しっぽで違いを見分けるくらいしかないくらい似ている。
巡回中の人がバラハタじゃないか?と言ったのに売っている人はスジアラだと言い張ったそうです。
写真を撮って事務所に戻り、確認したらやはりバラハタでした。
売っているお店に行ったらすでに4200円で売れてしまったあとだった。
確認をしてから売れば良かったのにと思うと店主に非があるようにしか思えません。
死亡する可能性もあるのですから購入者の無事を祈るしかありません。

セールに出会えるか否か

まだ暑くならないうちから夏物の洋服を購入しています。
お店ではなくネット通販での購入がほとんどなので、早い者勝ちなんですよ。
欲しいと思っていても、自分にあうサイズや好みの色がすでに売り切れ・・なんてことがありますからね。
こないだ、びっくりする値段をみつけました。
税込590円のブラウスですよ。
しかも私が長らくさがしていた、ロングスカートにあう短い丈のものでした。
ただ、サイズとか素材について細かいことは記載されていません。
どうしようか迷ったけど駄目だったときでも送料込みでこの値段なんで購入しました。
実際は残念なところも少々ありましたがこの値段ですから満足です。
しばらくしたら1830円になっていました。
私がみつけたときはゲリラSALE中だったようです。得しました。

俊敏なコアラ

昔、子供の頃にコアラの人形が欲しかったのに買ってもらえなかった思い出があります。
今見てみるとコアラって・・・・あまり可愛くないなと思います。(笑)
そんなコアラは暑いと死んでしまうそうですよ。
だから冷たい木に抱き付いているということらしいです。
アカシアとユーカリが冷たいので体を冷やしているって、ただ食べたいだけじゃなかったんですね。
そしてなんと50mを7.2秒で走るんですって。
日本の中学3年生男子の平均記録は7.4秒なのでそれよりも早い!
木の上にいるときは動かないのでのんびりさんなイメージがあるのに意外です。
時速25kmでコアラは走るなんてちょっと怖いです。
野生の動物は見た目が良くても自分の命や生活がかかっているからすばやいんでしょうね。