助けられた命

親が子供を虐待する。
そんな悲しい事が起きているなんて信じられないし容認できないです。
娘に「愛」という感じを入れて名付けたのに、なぜ虐待なんて出来るんでしょうか。
前にも事件となり亡くなった女の子がいましたが、その子にも「愛」の字がありました。
子供の一番の味方である両親が、もっともしてはいけないことですよ。
しかも今回の女の子は学校に助けを求めています。
自分から助けを求めたのに、学校と児童相談所が助けてくれなかったという衝撃の事件でした。
児童相談所にも限界があるでしょう。
でも保護したあとに、親にかかされた「虐待は嘘」という女の子の手紙を不審に思っていたのに帰してしまい取り返しのつかないことになりました。
助けられた命だからこそ悲しいです。

何事も期待しすぎないように

何事も期待しすぎないように、という気持ちで生きています。
そうすれば残念な結果になったときに感じる落胆が少なくてすむからです。
後ろ向きだということは自覚しています。
でも人には違うことを言ったりできますね。
よく海外旅行に行く、先輩薬剤師のUさんが行きも帰りもファーストクラスにランクアップしてもらったんですって。
旅行シーズンじゃないとそういうこともあるんですね。
そしたら、人生の運を使い果たしたかもしれないと言っていたんです。
私も良いことのあとには悪いことがくると思う人なので気持ちはわかります。
でももしかしたら、今までランクアップできなかった不運の分が今きたのでは?って言いました。
我ながらポジティブな解釈ですよね!

種なしピーマン

種なしピーマンが出来ていてるんですね。
そうそう。
料理前にあの種のところを取るのがちょっと好きじゃないです。
食べたくもないし気持ちが悪いで嫌だけど取らないわけにいかないものです。
洗い流したら流しにたまるしね。
ピーマンの種がなければ、食品工場にとっても作業工程や人件費を減らすことができて朗報になります。
種ありと種なしなら、やっぱり種なしが良いです。
ただ!!!あとは値段ですね。
野菜って売っているお店によってけっこう値段が違いますよね。
やっぱり安いものの方が良いので、種なしが高いのであれば実際には買わないかなぁ。
便利さと金額となったら、自分の手間の方をかけちゃいますね。
お金があって気にしない人は改良したのを買ってあげてください!

ものを捨てるだけでお金をとられる

今はものを捨てるだけでお金をとられる時代ですね。
以前、屋根の修理をしたときの業者さんが点検にきたんですよ。
嫌な予感があたり、修繕した方が良いとのこと。
屋根の瓦にアスベストがあるから廃棄するのに35万円くらいかかるそうです。
新しい屋根に31万円くらいの見積もりが出たのに捨てる方がお金がかかるってなんだそりゃって思いますよね。
昔といっても16年くらい前の修理で、その時は廃棄するときにどれくらいかかるか教えてくれていなかったそうです。
環境基準が変わったとしても消費者にとっては酷い裏切りですよ。
そんな危険なものを屋根に使っている方が悪い!とか思っちゃいました。
そもそも、地震や災害があって家自体がずっと続くかわからないのに屋根なんてギリギリまでどうでも良い気がしますけど・・・。

職場で恒例のバーベキュー

職場で恒例のバーベキューがありました。
前回は警戒していたのにそんなことはなかったけれど、今回はありました。
結婚していないのは誰だ?
独身同士でくっつけば?
これって完全にセクハラですよ。
お酒が入っていたから、なんて言い訳になりません。
個人的なことにあまり詮索してこない職場の人達だから安心していたのに、今回はこんなことになりました。
話題になったことはあるけど私ではなくそこにはいない他の人だったのに。
とりあえず何も感じていないふりをしましたけどど、表面上でそれが成功しているかわかりません。
本当に残念ですよ。
もともと、そんなに親しくしている人はいませんでしたが仕事をしていくうえでのある程度は信頼していました。
だからこそ余計に嫌な気持ちになるものです。

3万円近い金額

目にする度にあこがれて欲しいと思うものなんて、そうそうありません。
今私が欲しいのはATAOの長財布です。
まあ、今というよりも何年も前からですけどね。
3万円近い金額なので手が出ません。
靴と同じく財布の中古はあまり乗り気がしませんし。
とあるレビューで公式サイトで見ると素敵だけど実物は意外とくすんだ色というのを見ました。
ライティングのおかげで実力以上に見えているのかもしれないなと思ったら、購買意欲が少しおさまりました。
某売り買いサイトで見たら、確かに。
素人が撮る写真では中古ということ以前になんだかしょぼくれて見えました。
本気で買うなら手元にとって公式サイトで購入しようと思いましたよ。
ただお店があまりないのも難点だけど今の所はお金に余裕がないので保留です。

史上初の記録更新ずくめ

今年の夏の暑さときたら史上初の記録更新ずくめで恐ろしいです。
夕飯で揚げ物をしてやっとエアコンのある部屋に行けると思ったら、直前に父が切っていました。
夏の台所の暑さを知らず涼しい所で配膳を待つのみの人はいいですね。
行き遅れて実家にいるのでその件では何も言えません。
殺意すら起きましたけど言えないものは言えない。
ただ食べるだけなのにねぎらいすらない。
どっかの聖母様だかイエス様だかは、見返りを求めてはいけませんみたいなことを言ってましたっけ?
でもさ、感謝の言葉を聞きたいと思ってなにが悪いんでしょうか。
お互い助け合っていると実感できていいじゃないですか。
あたりまえに受けている幸せって気が付かないことが多いんでしょうね。

愚行にしか見えません

桂歌丸さんの告別式で配られた記念品がネットオークションに出されていたそうです。
ネット記事で見たのですが、出品者は少し前に亡くなった西城秀樹さんのものも同じように出品して高額の利益を得ている人でした。
元手がゼロで利益があるのはおいしい儲け話しでしょうね。
転売するために並んだということですよね。
私には信仰する有名な神様はいません。
神様はいるとは思うし毎日感謝しながら生きているつもりです。
罰があたると言うじゃないですか。
そういうふうには思わないんですかね。
一時の利益でこれからの人生で大きな罰があたるとしか思えません。
その罰は誰にもわからないかもしれませんけど、必ずあると思いますよ。
愚行にしか見えませんね。

私にはない友情がそのドラマにはあった

海外ドラマを見ていると、なんでそんなタイミングで?しかもつきあってないという二人がキスをするシーンが多いような気がします。
まあ、邦画と違うのはお国柄なんでしょうね。
見るドラマはシリアスなものよりもラブコメの方が好きです。
小説もそうですけど刑事事件ものとかの方が好き。
でも異常者の残虐な犯罪心理とかは、ちょっともういいです。
意外な犯人とかならともかく、怖いものは見たくないです。
今日見たのはラブコメだったけど、主人公が不憫で泣けました。
理由を知らない人からみたら主人公だってじゅうぶん悪いのですが、全貌を知っている身としては同情してしまいます。
私にはない友情がそのドラマにはあったのに、つらい結果になりました。

新しいノートパソコン

新しいノートパソコンを購入しました。
いつもは、ノートパソコンが壊れたら慌てて購入していたのですが今回はその前に手元にとどくようにしておきました。
だから古い方はまだ使えるんです。
ネット動画を見るときに二面で見ることが可能になってとても快適です。
でも古い方のパソコンからブルーライトカットのシートを新しい方に貼り換えたんですよ。
それなのに古い方ばかり使用しているせいか、目が痛いです。
フルーライトカットのシートをつけようと思ったのは、気まぐれでした。
日常で使っている眼鏡にもカットが入っているからです。
でも、外したパソコン画面を長く見ていてこんなに痛くなるのだから、やっぱりちゃんと必要なんだなとわかりました。