二度目の間に見た夢は

早く寝るせいもあって、目覚ましのアラームが鳴る前に起きることが多いです。
今日は40分以上前に目が覚めました。
そこから二度寝をしたときに見た夢は、ワニか熊の子供に右の太ももを噛まれるというものでした。
怖いけど慌てずにそのまま動かなかったせいかワニだか熊だかは噛むのをやめてどっかに行ってしまいました。
なんとなく気になったので夢占いを検索してみたら、ワニに噛まれるのは自分の身に危険が迫っているということでした。
ワニか熊かって重要じゃないですか!
思い出せないけど、熊とかよりも広範囲に噛まれていたような気がするんですよ。
太ももを怪我するってかなりの大事ですよね。
バイクに乗っているし気を付けないといけないなと思いました。

見た目よりも中身が大切

どこの業界でも利益をあげるためには新しいことを打ち出していく必要がありますね。
なんてことを強く思った話題の数々がこちら!!↓
前にもあった、はま寿司のココナッツウォーター復活。
ココナッツにストローがつっこまれています。
漫画に出てきそうな笑えるビジュアルですね。
同じお寿司業界、くら寿司ではスイーツが充実しているそうな。
チーズケーキ好きには100円でおいしいとなると気になりますが、京わらびもちも好きですよ!
吉野家は明太子定食が出るって。明太子大好き!!!
でも明太子にご飯だけじゃものたりないのでチーズとか入れて欲しいな。
最後にセブンイレブンのことりとうさぎの形をしたムースケーキ!
これはさっそく購入しました。
見た目よりも中身が大切でしたが合格です!!!

火事が多い

三週間前に自宅の近くでたき火をするはずのないところが燃えていて、119番をしました。
そしたらまたその近くで火災が発生しました。
今度は私が通報したわけではなく、消防車が近くに来てから気が付いました。
こないだのようにまたパチパチという音が聞こえてきました。
前よりも自宅からは遠いけれど燃えた範囲が広くて違う意味でビックリしましたよ。
近くじゃなくても火が燃え広がる限度ってものがあるじゃないですか。
持ち主が燃やしていてどうしようもなくなって消防車が出動したのなら良いけどまた不審火だとしたら連続放火ってことになりかねませんよね。
先日は家で1人の時だったのこの怖さを話す人はいませんでしたが、今日は家人がいたので少しは安心できました。

元号が変更すると・・・

2019年の1月1日に皇太子さまが天皇に即位して元号を改めるという発表がありましたね。
今までは天皇が崩御された場合に変更になっていたので急な出来事でしたよね。
実際に元号が変わってしまうと、書類はもちろんのこと封筒や名刺など変更しなければならないものが多くあります。
発注を受ける方が売り上げが伸びるでしょうけれど、購入者の方は大変ですよ。
直前に大量発注していた場合はゴミにしかなりませんからね。
ああ、発注を受ける方も大至急ってされるとそちらはそちらで困りますね。
今回のように、実際に変更になるよりも前に発表があるのは企業としては有難いことですね。
関係者の人は無駄な発注をかけないように注意することが出来ますからね。

心底顔が可愛い

小学2年生のめちゃくちゃ顔が可愛いタレントの子供。
本当に心底顔が可愛い。
しかし、コメントがちゃんとしすぎて凄く気持ちが悪くなりました・・・。
いや、可愛いんですよ。
可愛いけど笑い方が大人のモデルがするような、口角をきゅっとあげる笑い方なんですよ。
計算しつくされている笑顔?
歯が見えるように笑うほうが良いらしいけど、なかなか出来ない笑顔。
写真ですごく見栄えがいいですよね。
自分がもっている分の最大限で良く写真にとってもらえるのはうらやましいです。
あ。話しがそれましたね。
とにかく、あの可愛いお子さん・・・本物ですかね。(笑)
目もものすごいクッキリの二重でまさか整形じゃないですよね。
そしてあまりにも可愛い子供だと誘拐されないかどうか心配になりますよね。。。

出勤途中で交通事故を目撃

今日、出勤途中で交通事故を目撃しました。
目撃というよりもいつもの時間に出ていたら、私が巻き込まれた可能性もあります。
長い直進の先に壁にぶつかっている軽トラックと、バックして車を端っこに停めている女性が見えました。
車から降りた女性が電話をかけていたのが見えてすぐに、軽トラックの運転席が開いていてすぐ真下に男性が寝転がっていたんですよ。
私はそのまま通過してしまいました。
通報中だし何も出来そうになかったんですけどいいですよね?
私が出勤して10分以上あとに来た、先輩薬剤師Oさんも遭遇したそうです。
車は3台あったって言ってましたけど介護している人もいたんだろうかと思ったら、見過ごしてしまったので少々罪悪感があります。

時がたつのは早い

実家住まいの独身としては、親からの同級生結婚生活情報は知りたくもありません。
そもそも、友達じゃないし。
小学校中学年くらいまでは放課後に遊んだこともあるという程度で、小学校を卒業してから中学まで一緒ですけど話しすらしていない人達ですよ。
中学校の記憶なんてもちろんすでに薄れている状態で顔だって思い出せません。
ずっと嫁にいかずにうちの娘はどうするんだろうかと思っていたけどやっと結婚したんですよ。
今は子供がいてね・・・
なんて、まだ実家にいる私としてはいたたまれない会話ですよ。
私の親があちらの親達に会ったということは私の近況だって絶対に口にしているはずです。
それが学校が同じだったというだけの人に情報がいくなんてきついです。

行きたいと思わない観光地

中国で橋が陥没して重篤な患者が出たというニュース。
ちょっと前で中国で世界最大の高さの橋が出来たというニュースを聞いたばかりだったのでその橋かと思ったら違いました。
そんな猛烈な高さから橋が陥没したら確実に何人もの人が亡くなってしまうでしょうしね。
世界最大だろうとなんだとうとそんな橋には近づきたくもないですね。
だってあの国の建物ですよ。
観光に行きたくなる人の気持ちがわかりませんよ。
日本の建物だって危険な所はあるでしょう。
だから日本のものでも行きたいとは思いません。
でもまだあの国よりも日本の方が信用できますね。
高所恐怖症はないはずですけど、好きではないのでやっぱりそんな橋は嫌ですよ。
危険な建物はもちろん橋もなくなればいいのに。

『小説家の姉と』

小路幸也さんの『小説家の姉と』を読みました。
大学生の主人公は5歳年上で現在小説家になった姉と一緒に暮らしています。
1人暮らしをはじめてから呼び寄せられたのには、何か理由があるような・・・。
そんなミステリー要素があると思って読んだのに大した理由ではありませんでした。
もっとドロドロの人間関係に疲れてしまった姉が弟と暮らしたくなったのかと思っていましたよ。
まあ、姉の選択は頭がいいなってことは分かりました。
あとは小路さんらしい日常の物語ですね。
登場人物が少ないのも特徴かもしれません。
思わせぶりなキャラクターもはじめのうちからいたのに、物語の大筋には絡みませんでした。
でもそこが思わせぶりなストーリ-に色をつけたとも言います。

不正する人数が多すぎ

イタリアの役所職員の半数が働いていないのに働いたようにみせかける不正が発覚したそうです。
出勤のタイムレコーダーに監視カメラをつけると、出勤していない人の分まで通している姿がバッチリうつっています。
ある人はカメラに気が付いて取り外そうとしたけど出来ずに、紙みたいなのをかぶってタイムレコーダーに向き合う男性が映っていましたよ。
洋服を替えたわけでもないのにさっきの人だってバレバレですよ。
職員の半分が不正をしていたのはグループで協力をしあっていたからのようですね。
仕事をしなくて業務は滞らないのか不思議でしたが、やっぱり人手不足になっていたんですって。
しかも業務が停止しているなんて信じられませんね。
不正する人数が多すぎなのにも驚きです。