14人の友人に寄付

ハリウッドスターのジョージクルーニーが14人の友人に寄付。
今の自分があるのはみんなのおかげであるとして、招いたパーティで1人ひとつのスーツケースがあったそうです。
スーツケースをあけると現金。
ひとりにつきおよそ1億一千万円。
ハリウッドにおける兄貴のような存在の彼は下積みがあり、住むところに困ったときなどお世話になったので彼にしたら当たり前の恩返しなんだとか。
最初に話しを聞いたときには、彼にほどこしを求める人が寄ってくるのでは?
友人にお金って・・・
とマイナスなイメージでしたが、助けてもらったという気持ちの表れだったんですね。
飛行機で子供がないてしまったときの対策として高性能イヤフォンを乗客にプレゼントしていたなど凄いですね。

コメントは受け付けていません。