不正する人数が多すぎ

イタリアの役所職員の半数が働いていないのに働いたようにみせかける不正が発覚したそうです。
出勤のタイムレコーダーに監視カメラをつけると、出勤していない人の分まで通している姿がバッチリうつっています。
ある人はカメラに気が付いて取り外そうとしたけど出来ずに、紙みたいなのをかぶってタイムレコーダーに向き合う男性が映っていましたよ。
洋服を替えたわけでもないのにさっきの人だってバレバレですよ。
職員の半分が不正をしていたのはグループで協力をしあっていたからのようですね。
仕事をしなくて業務は滞らないのか不思議でしたが、やっぱり人手不足になっていたんですって。
しかも業務が停止しているなんて信じられませんね。
不正する人数が多すぎなのにも驚きです。