フェリチンの体内の動き

食事から鉄分をとるとフェリチンに蓄えられるて肌荒れがあると増殖して治します。
骨髄に免疫細胞がつくられますがその免疫細胞が増えることによって風邪が引きにくくなる。
セロトニンなど神経伝達組織も鉄によって増殖して正常になる。
鉄は体の中のいろいろな反応について補助的な役割をしている。
鉄がなくなってしまうと、体内の化学反応が起こらなくなってしまいます。
鉄で増殖してしまうのはよい細胞だけではありません。
だからフェリチンは悪い細胞に近寄ったら閉じてしまって中の鉄を渡しません。
ヘモグロビンは正常のなのにフェリチンが不足してしまうのは何故か。
鉄はまずフェリチンに蓄えられる。
不足すると蓄えが減る。
ヘモグロビンは蓄えられた方でなんとかしますがそれも底をついてしまうと貧血になる。
同じ鉄だが、ヘモグロビンは酸素を運ぶ。
だからヘモグロビン値が引くというは酷い状態なわけです。
酵素の働きが鈍ってしまうということが最近になってわかるようになりました。