色あせることもある

今日、久しぶりにお気に入りの本を読んだんです。
少し読めばこれからの展開とかを思い出しちゃうくらいの本でした。
今まではそれでもよかったのに、今日読んだらこの本の魅力がどこなのかさっぱりわかりませんでした。
物語としてここがおかしいとか、ここが嫌いというところが元々ある本でした。
それでも好きな本だったのにとても残念な気持ちになりました。
何年も好きなままというのが多かったのにそのときの気持ちが色あせてしまったわけです。
自分の心境の変化なのかよくわかりません。
でもこのまま本を手放すという選択にはいたりませんでした。
今度読もうという気持ちになったときに読後にどんな気分になるのかが興味があります。
そのときのために本棚に戻すことにします。