検診者データ流出

国立がん研究センターでがん検診受診者の個人情報9000人以上のものが入ったUSBメモリーが紛失したと発表しました。
なんでそんなデータがUSBに入っていたのかと疑問に思いますが案外アナログな管理をしていたようですね。
紛失した場所は一般人は入らないところだから大丈夫みたいなことを言ってますけど、だったら余計にみつかるんじゃないかと思いませんか?
とりあえず謝っておいて終了ということになりそうですね。
個人の住所やがんかどうかの結果も入っているデータです。
ガンになっていたとして、「これはガンに効きますよ、治りますよ」と言うような悪質なものを売り込みをされてしまうことにならなければいいですが…。
病を持つ人やその家族は治ることを願って様々なことをしますからそんな気持ちを踏みにじるようなことはしないで欲しいです。