胃のダメージ

人口の胃液を細切れの牛肉に加えて37度と25度の試験管に入れて4時間蠕動運動ににた動きを繰り返します。
37度の方の胃液はしっかりと消化されていましたが、25度の方は全然消化されていません。
胃液の温度を下げる方が胃液の消化力も低下してしまいます。
これを繰り返すことで胃のダメージが知らぬ間に蓄積されてしまう。
そしてそれを増徴するのは秋の食べ物をたくさん食べてしまう。
活発になりすぎてもよくないのですね。
胃液の分泌を促すホルモンであるガストリンが過剰になると胃液が逆流して腸の方に胃酸が流れると胃の動きを止める働きを起こす。
胃もたれはこの庁が出す命令を引き起こしているからです。
スタミナを保ちたいときに分泌されるガストリン。
とんかつのみ食べた人とサラダのみを食べた人の食事の一時間後に血液を採取してみるとどうなると思いますか?
数値は食事間と食事後になります。
とんかつチームは倍以上。
胃のダメージが秋に脂っぽいものを食べると胃に胃液が押し寄せて胃もたれや胸やけを引き起こす。