恋都の狐さん

[恋都の狐さん]  著者:北 夏輝
初読みの作家さんです。
主人公は奈良県にある大学の女子学生です。
豆まきに参加したときに、狐のお面をかぶった男性(狐さん)とサバサバした美人の浅羽さんと出会います。
この作品はメフィスト賞を受賞した作品らしいけど、「らしさ」はないですね。
狐さんが好きだったのに、なぜか自分勝手に浅羽さんと狐さんをくっつけようとして終わったのが意味不明です。
二人ともお互いに好意はあるんだろうけど、まだ恋人関係という気持ちでもないような気がするし、浅羽さんは狐さんと主人公をくっつけようとしたのに…。
狐さんと浅羽さんはお似合いだと私も思うけど、主人公のやったことが本当に理解できません。
狐さんも主人公に気があるような感じもあったのに。
最後が残念すぎて二度と読む気がしません。