心筋梗塞の前兆

肩コリや背中が痛くなるなどの意外な前兆があるそうです。
日本の死亡原因
1位 悪性新生物(がんのこと)
2位 心疾患 (うち、心筋梗塞は22.2%)
3位 肺炎
心筋梗塞とは心臓の周りになる赤い動脈のことを冠動脈といいます。
心臓に栄養や血液を送っている動脈のことです。
この血管が詰まると心筋梗塞になります。
突然詰まると筋肉が壊死この状態を心筋梗塞というのです。
冠動脈が傷つきやすくなるとぷラークといわれる脂肪の塊ができてしまいます。
血圧変動などで詰まって死滅していくのです。
半数は突然プラークが破裂してしまいます。
残りの半数はなんらかの前触れがあるものなのだそうです。
その前兆に気がつくことができれば、大きな後遺症にならずにすみますね。
血管を狭くしているのであればなんらかの状態が出るとのことですから。