ヒヤッとするアイテム

暑くて暑くて、そんな時にヒヤッとするアイテムがあるとしたらどこにあてるか。
私だったら可能であればわきの下かな。
あとは首とか喉の近くとか。
しかし!熱中症とかの対策として体にあてるべき場所はてのひらなんだそうです。
太い動脈が通っているところにあてるのが一番だと思っていたのでびっくりです。
手のひらには動静脈ふん合という血管があり、体温調節をしているのでそこを冷やすと体の中心部の温度を低くしてくれるということらしいです。
首筋とかわきの下に冷たいものを当てれば手っ取り早いと思っていましたけど、体の中心部の温度を冷やすとなると他に最適なところがあったんですね。
熱中症で死人が出るのが日本ですから、この手の話題が広まることを願います。

言い訳が嘘っぽい

グループ名のボーカルしかしらないアーティストの大麻所持で逮捕。
「拾った」と供述をしていたと報道があってあきれてしまいました。
海外ドラマでもよく聞く「拾った」
聞いて笑っちゃうことしかできないですよ。
どんなかたちのものなのかイマイチわかりませんけど、葉っぱですよね?
小学生の男の子じゃないんだから、そんなものを拾って持って帰るわけないでしょ?
大麻であることはなんとなくわかっていたけど、拾ったってよくそんな事が言えますね。
そしてなんでなんとなくわかるんだ?
だからやっぱりただ拾ったというわけではないでしょうね。
ファンの人が近くにいないのでどう考えているかわかりませんが、本人さんを支持していた人は残念でしょうね。

虐待していた男が逮捕

野良猫だけではなく飼い猫までも狙って連れ去って、虐待していた男が逮捕されました。
でも人を殺したわけではないので罪は軽いでしょう。
それは許せませんよ。
さびしいからやったなんて報道もありましたが、普通はさびしいのなら可愛がりますよね。
ペットを家族として迎えて可愛がっていれば信頼関係が出来るでしょう。
必要とされない人生よりも、たとえ人ではなくても、エサをくれるというだけでも、猫は癒しの共になってくれますよ。
本当に心底残念な人間っているんですね。
この事件では、飼い猫を外に出す人の問題視もありましたね。
私も外には出さない方が良いと思います。
またSNSでターゲットを探していたなど、昔と違うペット事情もあって驚くことが多い事件でした。

漢字が読めずに大失言

安倍首相が歴史的儀式で漢字が読めずに大失言をしたそうです。
見たところ、前後の言葉からすれば読めるけれど単語だけだと私も読めないです。
読めなかった事への批判よりも、私は事前に読んでおかなかったということの方が気になります。
政治家のお偉いさんは文章を用意してもらって発表だけするということもあるでしょう。
下調べの原稿をつくる人だっている。
それはわかっていますよ。
ただの政治家ではなく総理大臣だから忙しいでしょう。
それでも、総理大臣職にいて一回きりの歴史的儀式の原稿くらい読みましょうよ。
国会の原稿だって間違えばいつまでもぎゃーぎゃー言われるのはご本人です。
ましてや今回は天皇陛下も関わる儀式です。
そういう取り組みに関する姿勢に疑問です。

四葉のクローバー

ポストカードで惹かれるのは四葉のクローバーとか緑色のものだったりします。
だから好きなモチーフではありますね。
自然界では10万本に1本と言われる四葉のクローバー。
これを持ち帰って育てて大量栽培に成功した方がいらっしゃるそうです。
湿度や土などいろいろ研究して試行錯誤しながら2年。
今では売れすぎて生産が追い付かないような状況です。
結婚式の前菜に四葉のクローバーなどなど、演技が良いですし喜ばれますよね。
四葉のクローバーはヨーロッパでは魔除けや薬草の力があると信じられているそうです。
そしてナポレオンが戦場でみつけて身をかがめたときに銃弾から助かったという話しもあるそうですよ。(笑)
右の靴に入れておくと相性があう人と合えるってのも紹介されてましたけどぐちゃぐちゃになりそうですね。

失恋美容室

失恋の話しをして、ヘアカット無料という、失恋美容室って話しを聞きましたよ。
なんだそりゃと思いましたが知らない人だからこそ、話しがしやすいようです。
お客さんの代わりに美容室にお金を払う企業があるから成り立っているビジネスです。
買い取った失恋エピソードをエッセイにしたり漫画の原作にしてメディアに売るって、なかなか面白い試みですね。
居酒屋とかで盗み聞きをして使うとかってことは聞いたことがありますけど。
お客さんも了承済みなんだからいいでしょうね。
あとは自分の失恋の話しを現実よりも盛って話しちゃう人がいそうですね。
実際に何かに使うとしたらカットあれそうなエピソードとか。
私も話したいことはあるけど髪の毛は切って欲しくないのでいきません。

助けられた命

親が子供を虐待する。
そんな悲しい事が起きているなんて信じられないし容認できないです。
娘に「愛」という感じを入れて名付けたのに、なぜ虐待なんて出来るんでしょうか。
前にも事件となり亡くなった女の子がいましたが、その子にも「愛」の字がありました。
子供の一番の味方である両親が、もっともしてはいけないことですよ。
しかも今回の女の子は学校に助けを求めています。
自分から助けを求めたのに、学校と児童相談所が助けてくれなかったという衝撃の事件でした。
児童相談所にも限界があるでしょう。
でも保護したあとに、親にかかされた「虐待は嘘」という女の子の手紙を不審に思っていたのに帰してしまい取り返しのつかないことになりました。
助けられた命だからこそ悲しいです。

何事も期待しすぎないように

何事も期待しすぎないように、という気持ちで生きています。
そうすれば残念な結果になったときに感じる落胆が少なくてすむからです。
後ろ向きだということは自覚しています。
でも人には違うことを言ったりできますね。
よく海外旅行に行く、先輩薬剤師のUさんが行きも帰りもファーストクラスにランクアップしてもらったんですって。
旅行シーズンじゃないとそういうこともあるんですね。
そしたら、人生の運を使い果たしたかもしれないと言っていたんです。
私も良いことのあとには悪いことがくると思う人なので気持ちはわかります。
でももしかしたら、今までランクアップできなかった不運の分が今きたのでは?って言いました。
我ながらポジティブな解釈ですよね!

種なしピーマン

種なしピーマンが出来ていてるんですね。
そうそう。
料理前にあの種のところを取るのがちょっと好きじゃないです。
食べたくもないし気持ちが悪いで嫌だけど取らないわけにいかないものです。
洗い流したら流しにたまるしね。
ピーマンの種がなければ、食品工場にとっても作業工程や人件費を減らすことができて朗報になります。
種ありと種なしなら、やっぱり種なしが良いです。
ただ!!!あとは値段ですね。
野菜って売っているお店によってけっこう値段が違いますよね。
やっぱり安いものの方が良いので、種なしが高いのであれば実際には買わないかなぁ。
便利さと金額となったら、自分の手間の方をかけちゃいますね。
お金があって気にしない人は改良したのを買ってあげてください!

ものを捨てるだけでお金をとられる

今はものを捨てるだけでお金をとられる時代ですね。
以前、屋根の修理をしたときの業者さんが点検にきたんですよ。
嫌な予感があたり、修繕した方が良いとのこと。
屋根の瓦にアスベストがあるから廃棄するのに35万円くらいかかるそうです。
新しい屋根に31万円くらいの見積もりが出たのに捨てる方がお金がかかるってなんだそりゃって思いますよね。
昔といっても16年くらい前の修理で、その時は廃棄するときにどれくらいかかるか教えてくれていなかったそうです。
環境基準が変わったとしても消費者にとっては酷い裏切りですよ。
そんな危険なものを屋根に使っている方が悪い!とか思っちゃいました。
そもそも、地震や災害があって家自体がずっと続くかわからないのに屋根なんてギリギリまでどうでも良い気がしますけど・・・。